SEMINAR



体験セミナー

実装に活かせるモデル図の使い方
~知っているのに UMLを使えていない方へ~

本セミナーはお申込みが定員に達しましたので、受付を終了しました。

次回セミナー予告やセミナー申込案内の通知を受け取りたい方は、こちらをお読みください
また、当セミナーのレポートや参加者の声は、こちら

UMLの図をいくつか描いたことはあるけれど、なかなか定着しない。
モデリングツールを導入したものの、利用が広がらない。 など、
設計の段階でもっと効果的にモデルを活用したいと考えている皆さん。
実際に動かせるシステムを題材に、コードに連動する設計モデルの使い方を体験してみませんか。

実施概要

対象者

  • 設計におけるモデル利用の効果を実感したい方
  • モデリングツールの使用ポイントを押さえたい方

前提知識

  • UMLの基礎知識
  • プログラミングの経験(言語の種類は問いません)

持ち物

本セミナーでは、UMLモデルを描く演習の時間があります。

  • 筆記用具
  • ノートPC (使いたい方のみ、無くても構いません)

モデリングツール astahを使って作図したい方は、astah* professional(評価版で構いません)をインストールしたPCをお持ちください。

内容

  • 実際に動くシステムを使って、コードと設計モデルの連動を体験しよう
    • ロボットの動きを状態で表そう(ロボットの状態をステートマシン図で明らかにしよう)
    • 動きの共通部を見つけて、プログラムに活かそう(クラス図)
    • 場面に合わせて動かそう
  • astah製品のご紹介


** お問合せ先
件名を「(実施日)セミナー問い合わせ」として、メールにてお願い致します。